伊藤 力

二〇二〇年東京パラリンピックで初めて正式種目として行われるパラテコンドー
その新種目にチャレンジし、
四年後日本代表として世界最高峰の舞台に立つことを目指しているのが伊藤力選手だ
今年七月本格的な指導と練習環境を求め家族とともに北海道から東京へ移住したそんな人生をかけて
東京パラリンピックを目指す

講演テーマ 

絶望からの挑戦! 2020 年東京パラリンピックに向けて

出身

北海道

プロフィール

パラテコンドー61kgs 未満/株式会社セールスフォース・ドットコム所属。

1985 年10 月21 日、宮城県仙台市生まれ。中学では剣道部、高校ではテニス部に所属。

高校2年の時に家庭の事情で北海道へ。

2015年4月、職場での事故により右肘上部を切断。

退院後、アンプティサッカーをしていたが、その関係者の紹介で、2016 年1月よりパラテコンドーを始める

【略歴】
2004ー2006 札幌建築デザイン専門学校(建築デザインコース)
2006ー2010 Nov 東日本ハウス株式会社(現日本ハウスHD)
2010ー2015 (製造・測量等)
2015 Apr 右上腕切断
2016 Janー パラテコンドーを始める
2016 Augー Salesforce, Recruiting Support Associate,
Professional Para Athlete
【戦歴】
2016 Apr 第2 回 アジア パラテコンドー選手権 出場     
2016 Sep 第5 回 ヨーロッパ パラテコンドー選手権 出場
2016 Nov 第2 回 オセアニア パラテコンドー選手権 3位
2017 Feb US Open Para Taekwondo Championship
優勝
2018 Jan 第11 回 全日本テコンドー選手権 優勝

株式会社ENJOYNSの感想

伊藤力先生の講演は実際に災害(右腕切断)体験を元にし
たお話しをして頂いております。
 
災害に遭った時のお話はとてもリアルで伊藤先生自身その時は絶望を感じていました。
 
事故に遭う1ヶ月前には結婚していてこれからどうしたら
いいのかと毎日悩み思っていたようです。

知人のご縁で2020年東京パラリンピック競技採用されているパラテコンドーと出会い日々練習に励んでおります。
 
伊藤先生は家族の為、応援してくれているみんなの為に金メダルを目指すと何度も口にしておりました。

そして、自分自身が災害に遭って、「これ以上自分みたいにならないよう、
労働災害をなくしていきたい」という思いの強さをとてもひしひし感じた時間でした。

実際に労働災害に遭われた方からの貴重な講話は必聴です。

講演実績 

●菱友会(三菱系列の企業会)様 
 内容・・・2020に向けて、パラスポーツ(テコンドー、ボッチャ)体験
●豊友会(豊島区企業会)様
 内容・・・社会貢献講演会(パラテコンドー の魅力、2020 年に向けて)
●東京都文化事業団(スポーツキャリアサポート)様
 内容・・・選手、会社員としての両立について

講演料金目安

応相談