徳田 博丸

脚本家・演出家・放送作家・ アクトコーチ

平成でいちばん人生が変わる喜劇作家。

「おきなわ新喜劇」の立ち上げ人!

”脚本家”という立場から、伝えること、面白く、
興味のある素敵な
スピーチの作り方を
放送作家の目線でお教えします。

 

講演テーマ

【企業】あなたのスピーチを100倍面白くする魔法のレシピ 

【講演】「笑いの現場の裏側と夢を与える方法」

吉本新喜劇・笑いの現場の裏側での泣き笑いのお話 

【ワークショップ】「ビジネスコミュニケーションを高めるための演劇ワーク」

演技の指導法を使ったビジネス向けのコミュニケーションワークです。 

【ワークショップ】「徳田博丸の脚本教室」

だれでも直ぐに1本書くことができる脚本の書き方を伝授 

【ワークショップ】「プレゼンとは「フリップ芸」だ!」

面白いプレゼンの資料の作り方。パワーポイントでのプレゼンの資料の作り方講座

【ワークショップ】「☆型=ペンタグラムによる感情解放と人間関係の演劇ワーク」

脚本家と役者を同時に成長させるワークです。

出身

大阪府

プロフィール

大阪府八尾出身。1993年、大学の授業にシェイクスピアの脚本を翻訳する課題の授業を受け、

セリフの掛け合いの妙を深く学び、紙とペンだけでお金になる脚本の魅力に気づく。

職場の仲間から、松竹芸能の俳優部の新人達の為の台本を書いてくれと

依頼されそれがきっかけで松竹芸能の俳優部に所属。

1997年に人気お笑いコンビ「ますだおかだ」さんのイベントのコント作家を担当するようになる。

これをきっかけに放送作家としての活動を始め、俳優から作家へ転身し森脇健児さんのラジオの構成や、

ドキュメンタリーの構成・台本を担当するなど、幅広くメディアの仕事を担当するようになる。

その後、笑福亭鶴瓶師匠主催の舞台監督を務め、フリーの放送作家になった後は、

吉本新喜劇の脚本・演出を担当。近年では沖縄で「よしもと沖縄花月」がオープン、それに伴い、

沖縄の文化を笑いで紹介できる喜劇「おきなわ新喜劇」の立ち上げに参加。

ガレッジセールさん・スリムクラブさんら沖縄出身芸人とともに、沖縄に通い、

「おきなわ新喜劇」の脚本と演出を手がけた。

また、沖縄からのハワイ移民をテーマにした物語を描き、

自身初の海外公演を大成功を収め数百本以上の作品を書き下ろし、

演劇、ドラマの脚本など様々な分野で才能を発揮する。

準備物

プロジェクター・スクリーン・おしぼり・お水・ハンドマイク・ホワイトボード・マーカー(黒・赤・青)

ワークショップをご希望の方は、準備物に関して別で案内させて頂きます。

講演実績

●「吉本新喜劇・松竹新喜劇の喜劇作家が教えるのビジネスストーリーティング講座」
 デトロイトトーマツグループ様
●八尾青年会議所様の「吉本新喜劇と企画の立て方」 *この講演会から「やお80映画祭」が誕生しました。
●「笑いの世界の作り方」 松竹芸能様
●「俳優のための感情解放」 YTJ様
●よしもとラフ&ピース専門学校「よしもと新喜劇のオープン講座」 他多数実績有り

講演料金目安

応相談